04.歪んでるもんですよ、みんな。

窓辺に立った瞬間、これだ!と心が動きました。 それはある冬の昼下がり、知人に案内された古い長屋でのこと。薄暗い室内はまだふつうに人が住んでいるようで、箪笥や置物があり、それらを模様入りのガラス窓から射すやわらかな光が縁取っていました。 そこに佇んだ途端、ここがお店になったら……という立体的なイメージが湧いてきたのです。それは今までたくさんの物件を見てきた中で、初めての感覚でした。 …

続きを読む

03.場所探し

ぼくらはお店の場所を探すにあたり、まず友人から紹介してもらった不動産屋の担当者を訪ねました。この人は「おもしろい」物件を紹介してくれると、界隈ではちょっと知られた人でした。 最初に紹介してもらったのは……、なんだっけ? とにかくたくさん見ましたからね。 ボールを床に置くとコロコロ転がってゆく長屋とか、場所は悪くないけどえらく細長い建物とか。予算的な制約も手伝って、「ちょっと」変わった…

続きを読む

02.もったいない

前回、いま「コンクリートをハツっている」と書きました。より具体的にいえば、店内となる場所の床づくりを進めているところです。 床は煉瓦敷きにする予定です。 まず地面に砂利などを敷き、十分に締め、砂を敷いてならし、湿気を遮断するビニールシート、スタイロフォーム(断熱材)、支持体(防腐塗装を施した板)、バサモル(水を混ぜない乾いたモルタル)、煉瓦という順に敷いて施行します。 ただこれ…

続きを読む