21.晴耕雨読

この四字熟語、本来の意味は「官職などを辞めて田舎でのんびり暮らすこと」。気ままで優雅な生活、といったニュアンスでしょうか。 自分では「のんびり」やっているつもりはありません。ないんです、本当に。 実際悪戦苦闘の連続であり、飽くなき挑戦の日々です。……なぜか、いつのまにか、そうなってしまいました。 だからそういう優雅さとはまったくちがうのですが、工事中心の生活はある意味この晴耕雨…

続きを読む