09.コンクリートって何だ?

09_060804_PICT0001.jpg

突然ですが、コンクリートって何だかご存じですか? 工学部で学んだ人や建築関係者を除けば、答えられる人はたぶんほとんどいないと思います。かくいう自分もそうでした。こんなにも身近に溢れているのに! 考えてみれば不思議ですよね。
自分で家づくりを始めてみると、ふだん身の回りで当たり前に接しているのに、その物について実は何も知らないということを思い知らされてばかりです。

簡単に言えば、コンクリートは砂利、砂、セメントを混ぜ、さらに水を加えて固めたもの。この中でセメント以外は実に身近な材料です。
セメントは主に石灰石と粘土等を混ぜて焼いて作られます。セメントは水と化学反応して硬化するため、いわば砂利や砂(骨材といいます)の接着剤として働くのです。
コンクリート建築といえば近現代の技術に思われがちですが、原材料はやや異なるものの原理的には同じものが実はかなり昔から使われていました。有名なローマ時代の建築もコンクリート造の一種、なんて聞くと何だか面白そうでしょう? 例によってコンクリだけでご飯10杯、いやコラム10回分くらいは軽くいけそう……だけど、それはまた別の機会に。
09_060531_PICT0015.jpg

コンクリートを型枠などに流し込むことを「打設」、ふつう「コンクリ打ち」といいます。人生初のコンクリ打ちは、傾きを修正した柱の根元を固める段階で訪れました。 コンクリ打ちで最も難しいと思われる要素は、時間。気温にもよりますが、コンクリは混ぜた材料に水を加えた時点から徐々に硬化を始めます。少しずつ水気が退いてゆき、だいたい半日~1日で崩れなくなります。ゆっくりと時間をかけて硬く強くなる性質のため、本来の強度が出るのは数日~数週間後ですが、だいたい最初の2時間以内には成形を終えなければなりません。慣れるまでは、これがけっこうプレッシャーなわけです。

ただでさえ水が蒸発しやすい真夏。余計な時間をかけないよう細心の準備を施してから、いざ! 材料に水を加えて混ぜ始めました。
ところが……、どうも思っていた状態にならないのです。コンクリートといえば思い浮かべるのは、工事現場でミキサー車から降ろされている、あのドロドロした状態。いわゆる「生コン」であり、材料を混ぜればそういう状態になるものだと予想していました。
ところが水を加えていっても一向にドロドロしてこない。渾然一体とならず、砂利の粒がはっきりとしています。これでいいのか? 水が足りないのか? でも水を加え過ぎるとシャバシャバになって硬化後も十分な強度が出ないって書いてあったし……。アレレ、どうする? どうする??
09_060604-05_PICT0001.jpg

釈然としないまま、しかし時間は刻々と過ぎてゆきます。一旦水を加えたらもう後戻りはできません。とにかくこれで打ってみるしかない!
半信半疑のまま、柱の根元を囲んだ型枠の中へ、そのじゃりじゃりコンクリートを詰めてゆきます。でもその様子が、あの工事現場の生コンとはやっぱり全然ちがう。どこでまちがったんだろう? いや、まちがってないはず。やり直しか? あぁ、まだじゃりじゃりしてる……。気ばかりが焦り、たった10リットル程度の初コンクリ打ちで、ぐったり疲れ果ててしまったのでした。
(2007年10月)