12.まだトイレ問題

12_060628-29_PICT0055.jpg

「ここがトイレ? ……なんか嫌臭いなぁ」 友人が工事の慰問に来てくれた折のこと。まだ地面剥き出しの現場と、簡単な図面を眺めた彼女がこう言ったのです。「嫌」+「臭い」ですよ。話題が話題だけに、かなりのショック!

しかし当事者はえてして自分のやっていることがよく見えなくなるもの。お客さまあっての喫茶店ですから、ここは冷静に立ち止まって、にわかに周囲に意見を求めました。特に女性です。
さあ、そこで見えてきたトイレ世論。はてさて嫌われるトイレとは?

臭い、汚い、これらは代表的な嫌悪点ですが、比較的容易に改善できるものです。こまめに掃除するなり、排水口に臭気止め蓋を付けるなり。しかも配置との関係はあまりありません。例えば風通しは換気扇で改善できますし、日当たりが良過ぎるなら窓を小さくすれば大丈夫。

それよりも意見の多かったのが音の問題です。使用中の音はもちろん、水を流す音にも特に女性は神経質だということを改めて痛感しました。
トイレと客席の距離を離すことできれば一番いいのですが、場所の制約でままならない場合は消音性能の高いトイレを利用する手もあります。メーカーのショールームを訪れてみると、最近のトイレでは流水音を抑える様々な工夫が施されていて、また流水量も10年前の約半分にまで減らされるなど、その著しい進歩には驚かされました。最新のトイレは本当に静か!
12_060926_PICT0010.jpg

ただそうはいっても限界があります。それなら遮音性を高める? でも実はこれが曲者なのです。
基本的には気密性を保ち、防音、吸音の素材ですっぽり覆ってしまうことが必要ですが、高級ステレオ売場や音楽スタジオをイメージしてもらえれば分かるように、突き詰めればとても重厚な作りとなってしまいます。しかも隈無く施さなければ意味がないので、例えばドア枠に僅かな隙間があるだけでも十分な効果は得られません。つまり非常に緻密な精度が求められるのです。調べてみればみるほど、音というのは建築にとって実に厄介な難敵であることが分かってきました。

がしかし、ですよ。仮に高い遮音性能を確保できたとしたら、もう音を気にする必要はないですよね? ところが「流水消音派」の女性たちは、それでもやっぱり「流しながらすると思う」と言います。なぜなら、音が外に漏れていないことを中からは確信できないから。うーむ、それはそうだけど……。なんだか地球にも優しくないなぁ。

要するにトイレ世論から見えてきたのは「トイレの存在感そのものを感じたくない」という心理なのです。これは大変なエゴです。でも自分も含めて、ひとたび客側に立てば分からなくもないんですよね。特に飲食店においては。
以来、例によって行く先々でトイレが気になるようになりました。今までは何気なく使っていたけれど、配置や構造、消音の工夫、清潔感を醸し出すアイデア等、みなさん本当によく気を遣われています。勉強させていただきました。
12_080427_PICT0113 (2).jpg

で、結局トイレの配置はどうなったのか? 検討に検討を重ねた末、決着したのは当初考えたのとは全然ちがう場所でした。はてさて、満足度は如何なものか……
(2008年1月)