28.赤壁

28_080606_PICT0008.jpg

学生時代、文学部で地理学を専攻していました。馴染みのない人にしてみれば「世界の首都とか憶えるやつ?」程度のイメージかもしれません。でも地理学って実はかなり懐が深いんですよ。
ちなみに研究テーマは「色彩地理学」。卒論では「色彩における土地からの影響」を調べるため、沖縄でフィールドワークをしたりしました。
……なんて書くとずいぶん真面目な学生だったようですが、ご多分に漏れず、要は単に美術と旅が好きでそれにかこつけて遊んでいただけです。

さて我が現場は、いよいよ新しいお店と呼べるくらいの外観になって参りました。かつてのくすんだ古家は、いまや「赤い家」へと変貌しています。外壁を縦板張りで統一し、弁柄風の赤色に塗装したからです。
この色を決めるのにまたずいぶんと悩みました。何度も描き直したイメージ画を見返すと、当初は白、それから茶、薄茶(無塗装)など二転三転してきたのが分かります。(実は板を縦張りにするか横張りにするかでも相当悩みました……。)図書館で建築の写真集を漁ったり、実物で検討するため方々を歩き回ったりもしました。

で、最終的な決め手となったのはフィンランドの家屋でした。まだ壁を決めかねていた時期にフィンランドを訪れる機会があり、そこで見た家屋の佇まいに惚れ込んだのです。
フィンランドの伝統的な家屋は赤い板張りが多く、併せて窓枠を白く塗るのが定番です。その組み合わせがまた可愛らしく、一目でフィンランド(あるいはスカンジナビア半島)の家だと分かる個性を放っています。
ではなぜフィンランドの家は赤いのか? 一般的な説明によれば、昔から鉄分を多く含む土を主成分とする赤い塗料があり、防腐効果があるため木部塗装に多用されてきたということです。フィンランドの土壌が鉄分を多く含むかどうかは詳しく知りませんが、同様の外壁塗布剤(またはその色彩)を「スカンジナビアレッド」とも呼ぶことから、土地の特性を活かした伝統色なのではないでしょうか。ここにも土地と色彩の密接な関係がありそうですね。
28_080119_PICT0031.jpg

また別の説もあります。近代においてまだ後進地域だった北欧の人々が、当時の先進地であるオランダやベルギーの港湾都市に数多く見られた、赤煉瓦の建物群から影響を受けたというものです。都市の豊かな富と文化が赤い色に象徴され、憧れを掻き立てたのかもしません。仮にそうだとすれば、煉瓦ではなく身近な材料である木材と塗料を用いたことにより、新しい北欧独自の文化が生まれたといえるでしょう。

ところで最初に「弁柄(べんがら)風」と書きましたが、日本古来の赤色系塗料のひとつがこの弁柄。酸化第二鉄を主成分とする赤色顔料です。元々はインドのベンガル地方に産したものを輸入していたためにこの名が付きました。やはりフィンランドと同様に主に木材を保護するために塗るほか、繊維を染める染料としても使われてきました。
日本と北欧は遠く離れていますが、木材の扱い方や建築における考え方には共通する部分も多いようです。森林が豊富で湿度が意外に高いといった、風土特性も実は似たところがあります。フィンランド人の主な祖先がアジア系民族であることも、ひょっとすると関係があるのかもしれません。
28_080127_PICT0030.jpg

だからなのか……。いわゆる舶来ものであるはずのフィンランドの色彩が、実際に塗ってみると意外に何の違和感もなく奈良の路地裏に溶け込んでしまいました。いや、周囲に馴染まない奇異な外観になることは避けたかったので、むしろ喜ばしい結果なのですが、人から「奈良らしくていいですねえ」と言われると、「実はフィン…」と敢えて言うのも野暮。「え、まあ」と照れ笑いしている次第です。
(2009年5月)