07.水を征するものは

改めて調べてみると、屋根の不陸は柱の「沈み」に起因することがよく分かりました。 考えてみれば当然のことです。軸組構造の家は柱によってその荷重を支えていますから、一部の柱が傾いたり沈んだりすると、その部分だけが凹み、結果全体に歪みが生じるわけです。 また沈みの原因はシロアリだけではありません。礎石自体の沈みも複数見つかったのです。 昔の家では礎石(建物の土台となる石)は柱の真下にだ…

続きを読む

06.シロアリ恐い!

屋根を葺き替えてみて初めて分かったこと。それは雨漏りよりもっと深刻な傷みがある、という衝撃の事実でした。 屋根の不陸を直す上で、北側の一部が特に大きくたわんでいることが確認されました。ただちょうど真下が台所だったので、「炊事の湯気で傷んだのかな?」くらいに当て推量していたのです。が、原因はもっと根元でした。 「こりゃ……、ダメだね」 大工さんの手が止まり、現場責任者(工務店社…

続きを読む

05.屋根を葺く

図書館で借りた『屋根』という本を読破した直後から、世界がちがって見えました。大げさですが、本当です。 なんて面白いんだ、屋根! 近所を散歩していても「切妻」「寄棟」「入母屋」……とその形状が気にかかり、「瓦」「スレート」「金属」……とその材料に着目し、勾配や、果てはそれが作られた年代にまで想いを馳せずにはいられない。会う人ごとに「いま屋根にハマっててね」と語り始め、胡散臭がられる始末。…

続きを読む